紹介実例  


Tさん(27歳)男性
Tさんは年齢の割に転職回数が多い方でしたが、転職の理由が「仕事上で感じたスキル不足を補うため」という前向きな理由がありましたので、ある企業へ紹介することにしました。
しかし書類選考の時点で、管理部長より「採用は難しい」とのこと。
そこで、なんとか面接だけでもして頂けるようにお願いしたところ、とりあえず一度面接をして頂けることになりました。Tさんには、人事担当の反応から、面接で聞かれそうなポイントを事前に伝え、それに対し自分の言葉でしっかりと答えられるようにとお伝えしておきました。 彼は、私のアドバイスを前向きに捉えて、他社での面接を重ね、自己の整理をしてくれたように思います。
結果、「採用は難しい」と言われていたTさんは、担当者面接をクリアし、その後役員面接もクリア。無事採用に至りました。
面接に至るまで多少、Tさんをお待たせさせてしまいましたが、書類だけでは伝えられない、Tさんの思いを伝えることができたという喜びと、Tさんも私の案件を第一志望とし、アドバイスを素直に受け入れ、準備されたことという姿勢が、大きな壁を乗り越え、見事採用に繋がったのではないかと思います。

Sさん(R大学4年生)男性

彼から就職の依頼があったのは、後一月で就職浪人になるという切羽詰った時、ゼミの先生からの依頼でした。
救いは、もともと家業を継ぐつもりであったため、悲壮感のなかった事、持って生まれた明るさと礼儀正しさが身に付いていた事でしょうか。
これならいけるかなという思いの基に、コネをフルに使い5社の企業に声を掛けました。
しかし 書類選考で2社落ち、面接で残りの3社も落ちてしまいました。

企業の結論は“甘い”という評価でした。「家業を継ぐ前に外の経験が出来たら・・」といった思いだけで企業は採用はしてくれるはずがありません。私も彼も先生も甘すぎました。

彼と話しました。将来何をしたいのか、そのためにどんな業種を、どんな仕事を望むのか。そして彼は自分の意思を明確にしました。結論は1年間家業を手伝い、自分を見直すということでした。
その間に良い案件があれば紹介し、メールのやり取りで近況をうかがっておりました。
結果的には就職浪人ということになりましたが、家業を手伝う中で、プロ意識が身に付き、 なによりも実業の“厳しさ”を知ることができたようです。

その結果、彼は第2新卒として家業の関連業種に難関を突破して就職することができたのです。

入社後まだ半年ですが、彼は人間性・仕事振りの両面から、高い評価を得ています。 それはやはり、自分の進んでいく方向を理解している事、仕事は厳しいものだということを知っている事、この2点が、周りとの違いだと上司の方から喜んでもらえています。

“就職“それは先ず、自分の意思確認からのスタートが必要でしょうね。


A氏(40歳代)男性
求職者サイトにエントリーしていたエンジニアA氏に、メーカーB社からの
求人を紹介しスカウトしました。
しかし後日いただいた返事によると、A氏はかつてそのB社に応募したことがあり、職種が合わずに縁がなかったそうです。
その後もメーカーに数社応募していたが、主に年齢制限からうまく転職先が見つからない状態とのことでした。

その丁寧な返事から、私も親身になりかつ、レスポンスよく対応しつづけました。
面談やメール交換を頻繁に行ううちに、A氏には、エンジニアでありながら中国歴史に詳しいことや、文化の異なる外国人との付き合いもうまいことがわかり、経営層の方々から一般消費者の方々まで卒なくお付き合いができるという人物像が見えてきました。
そしてA氏にはメーカーだけにとらわれず、自分の企画力やコミュニケーション力を活かして全く異なった分野への挑戦を勧めてみました。

紹介したのはメーカーとは全く異なる業界の管理職の職種でした。
A氏も業種は異なるものの、「もう一度人生にチャレンジしたい」という気持ちから応募、結果として2度の面接後採用されることとなりました。

A氏からは、「まさかこれまで異なる職種に就くことになろうとは夢にも思っていなかった」「キャリアカウンセラーに新しい人生を見出してもらった」と
仕事にご満足されており、とても感謝されております。


F氏(28歳)男性

彼は大阪K大学を卒業すると同時に自衛隊に入社、半年後体調を崩し、舌癌と診断され早速手術。舌を半分切断する事により一命を取り得ました。その期間約2年間、癌との戦いを経てほぼ完治。
其の後、就職活動を開始、その年、5社応募中一次選考に3社受かり、面接に至りましたが、結局3社とも駄目という結果になってしまいました。

面談者より「声が小さく発音が聞え難い」と何度も言われ、彼としては、はっきり言ったつもりでも伝わらず、恥ずかしい思いもされたようです。
発音原因は舌癌切断によるものですが、どうしても舌癌と言えず、面談者に気の弱い人間像に見えたのかも知れません。

自信を失う結果になり、毎日考え込む日々が続き、最後は就職活動も中断してしまいました。
一年後、気を取り直し再開。翌年、翌々年も同じ結果。
期間を置いて転職サイトに登録、直後に、械Sよりスカウトが掛かり面談に至ったとの事でした。

私が、彼をスカウトした一番の理由として自己PRに<癌との戦いを堂々と列記>。人に知られたくない病気を堂々と公開した事に、本当に勇気ある青年だと思ったことにあります。 後日、面談依頼と、今後の転職に全力を尽くす事を約束、彼も素直に応じてくれた事を幸甚に思え、面談に至りました。
面談は私の思った通りの人間であり特に、人柄、熱意、実務、資格、その他・・彼の長所が一杯。 但し面談をしていて、やはり話す発音、語尾等が、聞き取りにくく、誤解を生むような問題点も多々ありました。
そこで 今後、転職面談に挑む時は、うまく発音できなくとも勇気を出して大きい声で、はっきり自分の考え方を述べるようにアドバイスしました。
今までの面談内容を90度“転換”し、転職面談対策を認識した上、再挑戦。
早速、求人先を紹介、見事一回で合格。
粘り強さと熱意による勝ち取った勝利ともいえる事例となりました。